taigh's ownerのB-Blog

”ケルト地方への旅”と題したHPの家主のB-Blog
山手幹線全線開通記念ウォーク
本日行われた記念ウォークに参加してきた。コースは西宮高松公園出発、芦屋川隧道ゴールの東5kmコース。
朝起きた時に体調が余り良くなかったが、1時間ほどすると、復調、慌てて出かけることにした。お天気も良くなって、レインコートやリュック・カバーを持ってでかけなくても良くなった。背中が軽くなって助かった。

出発は阪急西宮北口南の高松公園。電車でなくチャリで西北まで行った。最寄りの駅に徒歩で行くまでの時間内で、西北まで行くことが出来るからだ。会場に着いた時は出発時刻には十分間に合ったが、既に誰かの挨拶が終わる所だった。事前登録をしていたので、配布された封筒を開け、地図とワッペンを出した。ワッペンは参加者を区別するため。腕・胸・肩などに貼っておくように書かれていたが、私はリュックに貼った。側の子供は背中に貼ってもらっていたが、その子が私のものを見て、リュックに貼っている!と驚いていた。分かる所だったら何処でも良いのよ。

出発直後10時を待たずに出発が始まった。出発会場の写真を撮る間もなく歩き始めた。取り敢えず、出発時の雰囲気だけ。途中、参加者が誰かに電話していた時に、”アリの行列”と言っていたが、まさにそんな感じだった。高松公園は山手幹線沿いにはないので、2回程交差点を曲がることになる。交差点などの信号機がある所にはスタッフがいて、赤になったら止めていた。ご苦労様でした。

山手幹線は良くチャリで走っている。サイクリングでなくお買い物でだが。そのため、出発地から夙川駅南を通過するまではよく知っている道。目新しくはない。夙川から先は全く行っていなかったので、直ぐ先にあった夙川カトリック教会の塔を写真に収めたりしていた。その先は坂道を下る。この辺りは全く知らないが、まだ西宮市内だった。大谷町と言う所で近くにいた人の話を聞いたので分かった。そして、市境の道標が道路の上にはっきりと掲げてあった。
西宮・芦屋市境
その辺りの市境は家並みの間にある。道路を隔ててではなく、家と家の間なのだ。これって、近所でも違う市になるってこと?どうしてこんなになったのか?昔は違ったのかも。

芦屋市に入って暫くすると、ちょっとした川がある。宮川である。その先は芦屋のショッピングセンターになる。その先にゴールの芦屋川隧道(ずいどう)があり、ここが今回開通したので、山手幹線が全線開通となったわけだ。この隧道は芦屋川の下を通っている。その上には公園が出来ていた。下の写真は左側が到着時の様子、中央が中の記念撮影(キャラクターの名前は不明)、右側が通り抜けた後振り返った時の様子。
芦屋川隧道(東側)  芦屋川隧道の中 芦屋川隧道(西側)
隧道はまだ車の通行は出来ない。車の通行は10月末らしい。それに先立ち、ここを人が通ったわけだ。この入口で記念スタンプを押してくれる。西からは神戸市の住吉側緑地から4kmのコースがあり、西側でスタンプを押していた。そして、東端の尼崎から西の端神戸市の新湊川公園までの30kmのコースも途中の記念スタンプがある。スタンプを押してもらおうと並んでいた時、後ろの人は出発の高松公園でも記念スタンプがあったのに気付かなかったと言っていた。それは30kmコース用なので、私たちには不要なのだ。そんなことをちょっとだけ口を挟んだ。しかし、押してもらった後も、いきなりゴールにスタンプを押されたと言っていた。だから、5kmゴールなんだってば!途中のスタンプが欲しければもっと沢山歩かなきゃならないのよ!そんなことを説明しても無駄なような気がして口はそれ以上挟まなかった。

歩き終わった後は隧道の上の公園で休憩。全く疲れていない。5kmを1時間半程のペースだったので、たまに買い物でそんな距離を歩いているためだ。その後は芦屋川沿いに歩いて阪急芦屋川まで。電車に乗って西宮北口へ。西宮ガーデンズとコープ神戸で買い物をして、チャリで戻った。買い物をしている間、雨が降っていた。ウォーキングの時に降らなかったのが幸いだった。
| taigh's owner | ニュース | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taigh.blog.bai.ne.jp/trackback/179480
トラックバック
ページTOPに戻る