2014.10.04 Saturday

テニス:お気に入り2人の引退

今週、Olivier Rochusの引退が発表された。そして、先月Ross Hutchinsも引退を発表している。最近、気に入った選手が少なくなっているので、益々淋しくなってきた。 2人を知ったのはたまたまだった。
(1)Olivier Rochus
Olivier Rochus2000年のWimbledon1日目を帰国直前に見に行った時に、全く知らない状況で試合を見ていた。試合が始まる前に雨が降っていた。屋内は満員状態で、小雨になった頃に空いているコートのベンチに座って再開を待っていた。そのコートではその後男子の試合が行われる予定なのでそのまま見ていた。その選手がOlivier君だった。相手はオーストラリアの長身の選手だ。見るからにOlivier君は小さかった。芝ではサーブが強い選手が勝つことが多いので、やはり長身の選手が有利になる。見たのは1セットだけだった。そしてやはり1セット目は取られた。でも、プレーを見ていると、芝に合ったストロークだと感じていた。相手の足元にきれいにショットが決まっていた。それが印象的だった。試合結果は見ずにそのまま帰国した。家に戻ってテレビを見たらなんとOlivier君がセンターコートに現れた。”あの子、勝ったんだ"と。そして、相手が当時トップ選手のマグナス・ノーマン。しかし、観客も味方につけてなんと2回戦も勝った。3回戦で負けてしまったが、これで注目をされ、人気者になった。彼の談話では、「先週までは100位以下の僕を誰も知らなかったのに」というようなことを言っていた。
そして、2006年に再びWimbledonの4日目を見に行くことができた。Olivier君の結果は確かめることはできなかったが、1回戦を勝っていたらこの4日目に出ているはずと狙っていた。入場してすぐにボードを見ると夕方くらいに予定があった。それまで、あちこちの試合を見て、軽い昼食をとったりしていた。そして少し出遅れたがコートに行くと、人気があるおかげで、ベンチが空いていなかった。それでも、何とか試合を見ることができる位置に立って今度は全部見た。相手は知らない選手だった。そして、6-1,6-1,6-0の快勝で、立っている私にはありがたかった。試合前に、そばに座っていたおじさんが「彼は小さいけど、パワーがある」と。
それ以降も、ネットで試合結果をチェックはしていた。最近はシングルスでは落ちてしまって、ライブ配信でも見ることができなくなっていた。ダブルスではチョコチョコ勝ってはいるが、配信されないことが多いし、時間的に深夜が多くなって見ることもできない。つい最近のデビスカップにもダブルスで出場していてベルギーの勝利に貢献していた。その後も、チャレンジャーで出てはいたが、負けてしまったようだ。そして、引退発表となった。
引退発表はATPのサイトでたまたま見つけた。ミックス・ダブルスでペアを組んだことがあるかつてのトップ選手で同国のKim Clijstersがツイッターで彼のキャリアを祝したメッセージを送っている。その時の写真がなんだか楽しそう。日本のニュースでは全く扱われていないのが残念。なので、ここであえて取り上げた。

(2)Ross Hutchins
Ross Hutchins and Joshua Goodall先のOlivier君にはお兄ちゃんのChristophe Rochusがいて、やはりテニス選手だった(かなり前に引退)。ついでに応援していたが、2006年のWimbledonを見に行った時にダブルスで同じ日に試合があった。Olivier君の試合コートの隣で先に始まっていた。お兄ちゃんのほうは生で見たことがなかったのでこの機会にと見ることにした。そして、その対戦相手が地元の英国人のRoss Hutchins and Joshua Goodallだったのだ。その時は当然Christophe君の方を応援したが、3セット目で形勢が逆転して、英国ペアが勝った。その後、Andy Murray君のおかげで、英国人選手を見ていたら、ダブルスにColin Fleming and Ross Hutchinsの名前を見かけるようになった。なんとなく名前に見覚えがあったのでアルバムをチェックしたらその時の対戦相手と気づいた。生で見たご縁でそれ以降、応援していた。
去年は癌の一種であるホジキンス・リンパ腫で療養し、今年復帰した。パートナーは療養前と同じくColin Fleming(通称Fleboらしい)。なかなか結果は残せなかった。しかも今年のAegon Championshipsでトーナメント・ディレクターを務めたので、このときの試合は出ていない。
引退の詳しい事情は知らないが、今後も英国のテニス関係での仕事をするようだ。まだ、29歳。ダブルスではもっとできる年齢なのに、大会を支えるほうを選んだのだろう。パートナーのColin君は何故か、シングルスの予選にも出ていることがある。本戦には到達していないが…ダブルスではWimbledon優勝経験もあるJonathan Marrayと組んで先ごろ優勝していた。
こちらは日本語でのニュースで知った。もともとBBCスポーツ・ニュースのサイトでも扱われたので、日本語でも出たようだが。
なお、Ross君の写真は本命でなかったので、パートナーのGoodallと一緒のところがあるだけだ。左がRoss君。さらに、この時のChristophe君のパートナーがなんとStan Wawrinkaであったことにこのブログを書くに当たって写真を確認した時に気づいた。見た試合の選手全員とスコアボードの名前を撮ってきているので間違いはないのだが。他にもこんな選手がいる。

毎年この時期になると引退を発表する選手がいる。今年もまだいるかもしれない。日本語でのニュースにはならないかもしれないが、少なくともATPのサイトでは扱ってくれるので、チェックしておこうと思っている。

 

Comment

Post a Comment










This Entries Trackback Url

  • http://taigh.blog.bai.ne.jp/trackback/211799

Trackback

 

Page Top

Calender

<< January 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Recent Comment

Recent Trackback

Archives

QR Code