taigh's ownerのB-Blog

”ケルト地方への旅”と題したHPの家主のB-Blog
甲山散策2011年初夏
恒例の甲山散策をした。桜の頃には寒かったし、お天気が悪かったので、やめていた。暖かくなって(というより暑くなったが)、お天気もまずまずだったので、取り敢えず、甲山を回ってきた。
芝桜いつものように仁川百合野町経由で登った。この斜面には芝桜が咲いているが、もう遅いかもと思っていたら、まだかなり咲いていた。中でもピンクの花は丁度盛りだったようだ。横の階段からは奥なので見えにくいが、上の広場から見下ろせるので、暫く眺めていた。その横にはツバキやツツジが植えてあったが、こちらは緑だけ。今までここを通っていたが、じっくり見ていなかったので、そんな木が植えてあるとは気が付かなかった。

ハナミズキその広場には桜が数本植えてあるが、こちらは既に葉桜だ。しかし、その中にピンクの花が咲いていて、一際目立つ木があった。桜ではないことは遠くからも分かる。近づいてみるとハナミズキ。丁度満開だった。こちらも植えてあるのに全く気付いてなかった。ハナミズキの花余り見かけないので、こちらもじっくり見てきた。花は桜と違ってかなり大きい。と思ったら、花の回りの葉っぱがピンクになっているようだ。その真ん中にあるのが実際の花らしい。この広場にはもう1本ハナミズキが植えてあった。

そして、いつものように展望台へ。結構人がいたが、下のベンチは殆ど空いていた。そこに座って目の前の景色を眺めようとしたら、よく見えない。前の木々が生長して、視界を遮っていた。取り敢えず休憩して、展望台を離れる前に、眺めが良さそうな展望塔の上に上がって眺めてきた。生駒山まで見えるが、まだ少し霞んでいた。

甲山とツツジその後は、北山貯水池へ向かい、そこで昼食を取った。ここも人はいたが、ベンチは空いていた。右手に甲山の山頂が見える。ベンチの側にはツツジがあり、今真っ盛りらしい。種類も淡いピンク、濃いピンク、赤、白など色々あった。そのツツジを手前に、チューリップバックに甲山というアングルが良かった。

昼食後、今回は頂上まで登ることにした。その前に事務所横の綺麗になったお手洗いを借りた。その前にあるチューリップが何とまだ咲いていた。4月上旬は他の色の筈。今はピンクと、濃い赤、濃いピンクと白のまだらの3種類。濃い赤はブラック・チューリップと思う程。この辺りは、桜だけでなく、色々な花が目を楽しませてくれている。管理も大変だろうが…

その後北山湿原を経由して山頂まで。お天気は暑く感じた。上着を着ていたが、既に展望台で脱いで、半袖のポロシャツ状態だった。そして、その頃から鼻炎がひどくなった。ずっと鼻がズルズルして、汗のためか小バエが回りを飛んで五月蠅かった。頂上では本を読んで過ごしていたが、余りの状態に長居をやめた。頂上に着いた時、点鼻薬を使おうと思ったら無くなっていた。ここ数日鼻炎がひどくて無くなったことに気付いていなかった。甲山を下り、家に着く前に寄り道をして近所のドラッグ・ストアで点鼻薬を買った。今年は鼻炎が4月になってからひどくなっている。確かにそんな予報を聞いたが、当たっていた。
| taigh's owner | 季節 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taigh.blog.bai.ne.jp/trackback/185783
トラックバック
ページTOPに戻る